N国から選挙に立候補したい人が続出?立花式新時代の選挙戦略

N国,立花孝志,nhkをぶっ壊す,既得権益,選挙戦略 NHKから国民を守る党
僕は心理学を用いた自分づくりを7年以上継続しており、心のカラクリの理解を深めてきました。
人の発言や行動を見ていると、その奥にある深層心理や精神の発達レベルが見えてくることがあり、その視点を生かした洞察を心がけています。

 

今回は、埼玉補選で見られた選挙戦略を紐解いてみたいと思います。

それでは、さっそく本題に入りましょう。

N国から選挙に立候補したい人が続出?立花式新時代の選挙戦略

このYouTube動画を見ると、驚きます。

埼玉補選の選挙演説後に「立花氏と立ち話」という、一般の人との触れ合いコーナーみたいなものがあります。

ここで、握手や写真撮影、質問などを行うことができますが、この動画では、次々と選挙に出たいという人が立花さんに声をかけます。

 

すごいなぁ。

 

こんな光景、初めて見た。「若い女性やイケメンは選挙に通るから、N国から出てください」と演説していましたが、こんなに来るなんて驚きを隠せません。

なぜこんなことが起こるんでしょうか?

 

僕はやはり、「気持ち」「思い」が大切なんだなと思っています。立花さんの話を聞いていると、心が動くんですよね。

人間は感情の生き物であり、特に女性はそれが強い。如実に現れているなと感じますが、人間というものをよく理解しているなぁと舌を巻くばかりです。

 

立花さんと同じ事務所に所属するシンガーソングライターのMAYAさんも「立候補すればいいじゃん」と立花さんに言われていましたが、彼女はいずれ出馬するんじゃないでしょうか?けっこう自信がありますが、たぶんしますねこれは。

「政治に全く興味がなかった人や、知識がない人の方がいいと僕は思ってる」と語っていましたが、それもその通りなのでしょう。

 

実際にMAYAさんが出たら僕は一票入れますね。彼女自信が言うように、政治に詳しくはありませんが、一票を投じる判断基準はそこではないのです。

思いであり、情熱が人の心を動かすのです。少しでも日本を良くしたい。変えていきたい。思いがあれば知識などは後からついて来るし、やはりそこは本質ではないと思います。

このYouTube動画を見てください。選挙や政治の本質は、知識などではないということを実感することができます。

こういう人が一人、また一人と増えてくることを想像すると、嬉しい気持ちになるとともに、明るい未来を想像できて感慨深いものがあります。

 

そして実際に、「立花氏と立ち話」の動画では、そういう人が立花さんの元へ集まってきているのがよくわかります。

立花さんのすごいところは、焦らずゆっくり変えていくというこのスタンスです。長期で捉えるこの視点と、常識に全くとらわれない発想の自由さがまさに奇才。

 

上杉隆幹事長が、「立花さんは選挙戦略の中に「落選」を組み込んでいる。選挙の落選戦略はすごい」そんな趣旨の発言をしています。

誰もが選挙を勝ちに行く中で、立花さんは目先だけを見ずに長期の視点がある。全く固定概念がないところが本当に本当にすごいんです。

 

僕自身が、そういった部分を普段から意識して生きており、一般の人と比べると遥かに考え方は自由であると自覚しているのですが、

立花さんはそんな僕の思考を超越していくんですよ。こんな人は滅多にいません。ブラボーです。アメイジングです。

 

この人の戦略に加え、志と情熱を持った人が集まってくれば、NHKのスクランブル放送は成就すると思います。

僕はかなり実現可能性は高いと見ています。1年や2年ではなくもっと先の話ではあるかと思いますが。

 

あとは立花さんが死なないことを祈るだけ。
地味にこれは大事です。

 

今後は、著名人や芸能人もどんどんN国から出馬していくことでしょう。時代の転換期をしっかりとウォッチして、僕も情報発信を続けていきます。

 

では、また!

 

スポンサーリンク