【NHKをぶっ壊す!】N国党・立花孝志政見放送と既得権益の破壊

NHKから国民を守る党,N国党,立花孝志,NHKをぶっ壊す,確信犯 NHKから国民を守る党

いや〜おもしろいですね〜♪

 

「NHKをぶっ壊す!」

 

NHKのスクランブル放送実現を唯一の公約に掲げ、見事に先の参院選・比例代表で立花孝志さんが当選。

そしてN国党は政党要件を満たすという、この上なくおもしろい展開になってきました。

 

実は、僕はけっこうNHKの番組を見ています。

それでもN国党を応援したい(笑)。

新時代・令和を迎えた今、私たちは時代の変わり目の真っ只中を生きています。少し前までは考えられなかったことが次々と現実のものになろうとしています。

これまでどうすることもできなかった巨大既得権の牙城が崩れる瞬間が訪れるかもしれません。

これが蟻の一穴になるか?

吉本問題なんかよりも、こちらの方がもっともっとバズってほしい。

【NHKをぶっ壊す】N国党・立花孝志政見放送と既得権益の破壊

立花孝志氏の政見放送を見ましたか?まだの方はひとまず見てください。

 

まず、知ることから全ては始まります。

 

僕はよくマトリックスの話をするのですが、マトリックスに支配されていることに気づかない人は、一生搾取され続けるのです。

それがこの世界の構造。

合わせて読みたい

 

ルールを作り、支配し、搾取し続ける。

これが既得権益層の世界における実相です。今、N国党はその事実に気づかせてくれようとしています。

 

これは明らかにNHKにとって都合の悪い状況。立花氏のYou TubeチャンネルではNHKに突撃訪問するシーンが何度もありますが、全く対応できていません。相当参っているのが見て取れます。

既得権益層は、誰にも知られずに搾取し続けるのがベストな状態。騒がれると不都合な真実が明るみになってしまいます。

 

たとえば食の世界では、テレビで添加物批判はほとんどできません。スポンサーに大手食品会社が多いからです。

スポンサーに不利益な、不都合な真実は放送できるわけないのです。

 

それを利用して食品会社はスポンサーになることで既得権益を守り続けます。しかしそんな鉄板の構造が崩壊しつつあります。

SNSによって。

SNSの普及により、個人が発信力を持つ時代になりました。既得権益層が一番恐れているのはSNSの力。なぜならこれまで秘密にしてきた「本当のこと」をSNSでは発信できるから。

彼らはツイッターなどで拡散されてバズってしまうのが一番怖いわけです。

 

メディアや政治家など、既得権益を守るフィルターを通さなくてもいい時代が訪れました。

トランプ大統領がツイッターを使うのは、メディアが自分たちに都合の良いおかしなフィルターをかけて、きちんと情報を伝えないからです。先日の吉本興業の件も然り、リブラ潰しも然り、中国共産党による香港問題も然りです。

 

彼ら既得権益層が躍起になって潰しにくるのは、既得権益を守るために他なりません。一昔前ならあまりにも強大すぎる圧倒的な力によって、潰してしまうことが可能でした。メディアを抑えて情報操作してしまえるから。

ところが今はSNSの普及により、これができなくなってきているのです。

本当のことをどんどん発信できる時代がやってきているのです。

 

今、NHKはN国党によって本当のことを強力に発信され続けています。NHKは相当参っています。スクランブル放送は実現される流れになるのではないでしょうか?

これを皮切りに、他の様々な業界や既得権益が音を立てて崩れていくことでしょう。中共や暗号資産(仮想通貨)の問題を見ても世界的にそういうフェーズに突入しているのは明らか。

 

世界的にも保守・ポピュリズムの流れが到来していますが、N国党・立花さんの戦い方は、これからどんどん世界にも真似されていくかもしれませんね。それほど上手い。

「中国共産党をぶっ壊す」

「中央銀行をぶっ壊す」

なんていう流れが出てくると面白いですね。

 

話を戻しますが、N国党はSNS戦略の他にも強力な武器を得ました。政党要件を満たすことで政党助成金をもらうことができ、党首討論にも参加でき、NHKをぶっ壊すための活動がかなりしやすくなったことです。

これは強力。SNSの力が加わり、うまくバズっていけば本当にぶっ壊すことになるかもしれません。まずは立花氏の話がどんどん拡散し、国民がNHKの実態を知ること。マトリックスに気づくことがとにかく大事です。

 

N国党は極めて大きな可能性を秘めている蟻の一穴だと僕は思います。

動画がたくさんあるので、まずは知ることが大切です。

↓↓↓

YouTubeチャンネルでは300本近くの動画がアップされており、全部見るのは大変ですが興味のある動画だけでも見てみることを推奨いたします。

ちなみに僕のブログでは、数ある動画の中から厳選したおすすめ動画を随時ピックアップして記事を書いていますので、他の記事もご覧ください。

判断するためには材料が必要です。

既得権益をぶっ壊す

確信犯,貫く

最初にお話しした通り、僕はNHKの番組をけっこう見ています。

・ブラタモリ
・100分で名著
・ダーウィンがきた!
・香川照之の昆虫やばいぜ!
・歴史秘話ヒストリア
・大河ドラマ(毎年ではない)
・高校野球
・大相撲(たまに)
・紅白歌合戦(実家が見てるので)
・プロフェッショナル仕事の流儀(たまに)

 

こうして一覧にしてみると、かなりお世話になってますね(笑)。

良い番組は、掛け値無しで良い。そう思います。そしてそんな僕ですが、それとこれとは話は別。N国党を応援します。

 

NHKの2018年度決算報告では、受信料収入が前年比209億円増7122億円。5年連続で過去最高を更新し、初の7000億円超えを達成です。

僕が納得できないのはお金がじゃぶじゃぶ溢れているはずのNHKが、もはや拝金主義としか思えないような運営をしているその企業姿勢です。

 

まるでこの世界を牛耳っている国際金融資本のような振る舞いです。

 

東京オリンピックに合わせて新国立競技場の建設費(約1500億円)が大バッシングを受けましたが、これから建設するNHKの建て替え予算は約1700億円とも言われています。

さらに、NHK職員の平均年収は1100万円、住宅などの手当も含めると1780万円とも言われます。立花氏のチャンネルでは「NHKになぜスクランブル放送をしないのか質問したら」という動画があり、NHKに電話をした音声を公開していますが、

 

その時に質問に答えた職員は、何度も「NHKは営利目的ではない」「国民の生命・財産を守るため」ということを言っています。

先日、宮迫さん亮さんの謝罪会見の記事では、不思議なもので人間というのは嘘や不自然なことを敏感に感じ取ってしまうということを書きましたが、NHKは言っていることとやっていることが全く一致していません。

 

調べてみると犯罪発生率も異常なまでに高い。(民間企業の50倍)

もう明白なんですね。この時代のこのタイミングに導かれるように転換期が訪れようとしています。本当に一度ぶっ壊してしまった方がいいと僕は思います。

NHKの集金人は取り立てがひどいとよく言われますが、最近は反社を使っているという情報も出ています。

 

なぜ吉本並みに大炎上しないのでしょうか?

 

おかしいですよね。これを炙り出していくための大きな武器がSNSなんです。

 

既得権益層が守ろうとしているNHKの秘密が暴かれ始めています。僕も微力ながら今後も情報発信していきたいと思います。

 

では、また!

スポンサーリンク