【洞察】N国に学ぶ、テレビの真実

テレビ,真実,N国,立花孝志,安倍首相,偏向報道,マトリックス NHKから国民を守る党
テレビ,真実,N国,立花孝志,安倍首相,偏向報道,マトリックス

テレビは真実を隠すために、目の前を覆っている世界だ。」

「真実って?」

「君が奴隷だっていうことさ。」

「君は生まれながら囚われの身だ。噛むことも見ることも触れることもできない牢獄に生まれついた。心の牢獄だ。」

「残念ながらテレビの正体は、人に教わるものではない。自分で確かめるしかないんだ。」

 

僕はマトリックスという映画が大好きです。

 

この会話はマトリックスの1シーンです。

「マトリックス」という言葉を「テレビ」に置き換えてみました。

 

ぴったりですね。

テレビは真実を隠すために目の前を覆っている世界です。

僕たちは、生まれながらにしてテレビの世界に囚われています。

さあ、自分の目で確かめましょう。

 

N国報道のあり方をしっかりとウォッチする

テレビ,真実,N国,立花孝志,安倍首相,偏向報道,マトリックス

N国報道のあり方を見ていると、テレビの真実が見えてきます。

これは今、リアルタイムで起きていることなので、しっかりとウォッチして、この世界の実相を掴みにいきましょう。

 

おかしいと感じるべき一番のポイントは、テレビがほとんどN国報道をしないということです。

あれだけ好き放題言われまくっているNHKですら全くN国や立花さんの報道をしません。

他の民放各局もほとんどしていませんよね。

 

絶対に視聴率を取れるはずのマツコ報道ですらしかり。僕があまり目にしなかっただけなのでしょうか?

 

「報道しない自由」という言葉がありますが、彼らは都合の悪いことは報道しないのです。現在進行形で起こっているこの事実を肌で感じて欲しい。

 

テレビの報道は偏りまくっている。

都合の悪い真実を隠している。それを知ってください。信用できないということを確信してください。

 

「残念ながらテレビの正体は、人に教わるものではない。自分で確かめるしかないんだ。」

さすがモーフィアス。その通りです。

 

具体的かつもっとも身近な例をひとつ挙げましょう。

 

安倍政権に対する報道が、まさに報道をしない自由を象徴しています。毎日のように安倍批判の報道がされていますよね。

批判ばかりで、賞賛することは皆無と言っていい。

 

なぜそんな人がずっと高い支持率を維持しているのでしょうか?おかしくないですか?

 

安倍首相がインドに行った時、ものすごい歓迎ぶりでした。現地は大フィーバーでしたが、日本のメディアはほとんど報道せず。

知らない人も多いのではないでしょうか?

 

フィリピンのダバオに訪問した時もすごかったですね。もちろん報道なし。

 

モリカケ問題は執拗なまでに中身のない報道をするのに、もっとひどい辻元清美野田中央公園問題は一切報道しない。

 

↑こういうのも一切報道されません。

この後、安倍首相と握手をするために各国の首脳が行列を作りました。

 

このように、テレビの報道など、信用するに値しないのです。

僕はテレビは「9割うそ」だと思っています。

実際は9割は言い過ぎですが、それぐらいでちょうどいいと思っています。

 

言い過ぎなのは自覚していたのですが、先日、誰か忘れましたが、「テレビなんて99%うそですよ」と言ってる人を見ました。

 

「上には上がいるもんだなぁ」と思いました(笑)

 

要は、N国報道は氷山の一角だということです。

そして一事が万事だということです。

 

このあたりを意識して普段からテレビを見てほしいのです。

 

真実の尻尾が見えてきます。

 

N国報道をウォッチしていれば、今後もたくさん見えてきますよ。

この世界の実相を掴み、誰にも支配されず、自由に、豊かに、自分の人生を生きましょう。

 

では、また!

 

合わせて読んでほしいおすすめ記事↓

【映画洞察】マトリックスに現代社会の真実を学ぶ

 

スポンサーリンク