【既得権益をぶっ壊す】N国・立花、次の舞台は埼玉補欠選挙

NHKから国民を守る党,N国,立花孝志,選挙,政治,既得権益,上田,ホリエモン NHKから国民を守る党

【投開票の10/27まで、N国関連記事を毎日投稿!】

 

N国・立花さんが、参議院議員をやめて、埼玉の補欠選挙に立候補した。

 

衝撃だ。

 

「NHKをぶっ壊す!」

というわかりやすいキャッチコピーで、政治の世界にうねりを起こし続けている立花孝志。

 

・圧巻の政見放送
・マツコ・デラックス騒動
・高須院長対談
・菅野完対談
・櫻井誠対談
・玉木雄一郎対談
・ホリエモン対談
・小西ひろゆき突撃訪問
・メンタリストDaiGoとのYouTube交流

 

こうして列挙してみると、国会議員になってまだ3ヶ月足らずの間に、数々の話題を提供してくれている。

このすさまじい行動力には舌を巻くばかりだ。見ていて本当におもしろい。

 

僕はこんなに政治がおもしろいと思ったことは今までなかった。今回は、N国ウォッチャーとして、立花孝志が教えてくれた政治のおもしろさを、書き綴ってみようと思います。

【既得権益をぶっ壊す】N国・立花、次の舞台は埼玉補欠選挙

ー知略走るー

 

立花さんのすごいところは、常識では計り知れないところ。

一見、大胆不敵な言動ばかりが目につきますが、この大胆さの中にある知的な戦略がしびれさせるんですよね。

 

今回、なぜ参議院議員をいとも簡単にやめてしまったのか?ホリエモンが完璧に語ってくれています。この動画を見ると、立花さんがいかに緻密に戦略的に、俯瞰して自分がすべきことを考えているかがわかります。

ホリエモンが語る改憲勢力の話は、実は立花さんが過去の動画で何度か話しています。それをこの埼玉の補欠選挙に繋げてくるあたりがまさに奇才

 

とんでもない発想をしなさる。この先読みできない発想力と行動力が、N国立花さんの魅力であり、エンターテイメント性も抜群なところがおもしろさに拍車をかける。

 

さあ、次の舞台は埼玉だ。

 

埼玉県の有権者は、選挙に行こう。

埼玉県民のみなさんは、今回の選挙をしっかりウォッチしてほしい。選挙権がある人はぜひ投票にもいってほしい。街頭演説も聞いてほしいし、YouTubeも見てほしい。

必ず気づくはずだ。

ウォッチすればするほど気づく。この世界は何かがおかしいことに。

 

既得権益とは何なのか?ということに。

 

それは今回の相手である上田陣営であり、国会議員であり、マスコミであることに気づいてしまう。真実を知るときが近づいている。

今まであまりN国を知らなかった人は、おそらく立花さんが話すことに衝撃を受けるでしょう。そして、立花さんの話や事実関係は、ネットでは大盛り上がりなのに、テレビや新聞ではほとんど報道されることはないでしょう。

 

この報道されないという事実をリアルに体験しましょう。これこそが既得権益の正体です。既得権益は、目の前の真実を覆い隠し、僕たちに虚像の世界を見せようとしてきます。このマトリックスに気づきましょう。

気づいた者だけが、マトリックスから抜け出すことができるからです。いかに既得権益を破壊することに意味があるかがわかるはずです。

 

このYouTube動画を見れば、今回の埼玉補欠選挙の全体像が理解できるはず。上田さんは選挙に強いと言われていますが、僕は上田vs立花の構図になれば、蓋を開けてみれば立花勝利と見ます。

埼玉県民は特に、既得権益を破壊する瞬間を肌で感じてほしい。

【そうそうたる顔ぶれ】埼玉補欠選挙はお祭り騒ぎになる

かつて、こんなに政治がおもしろかったことがあっただろうか?

 

立花さんが言っているように、今回の選挙戦では街頭演説の応援に、ホリエモンが駆けつける可能性が高い。さらに青汁王子、グレートサスケ、丸山穂高、渡辺喜美、上杉隆など、そうそうたる顔ぶれになりそう。

まるでお祭り騒ぎの選挙戦になる様相を呈しています。

 

選挙期間が始まると、

・演説がうるさい
・演説がつまんない
・興味なし

こんな心境になるのが、リアルなところでしょう。

 

・選挙演説をもっと聞きたい
・選挙楽しい!
・地元の選挙に興味津々

今まで選挙や政治に興味がなかった人たちに、興味を持つきっかけになるような、そんな特別な選挙戦が展開されそうな予感があります。

今、まさにこの瞬間に時代の転換期が訪れており、僕たちはその真っ只中を生きています。その中心地が埼玉になろうとしています。

 

僕はこのブログで言い続けていますが、まず知ることから全てが始まる。まず、知りましょう。知って選択肢を広げ、判断して選択する。そして、今回の場合は投票する。

僕もしっかりとウォッチして、洞察力を養っていきたいと思います。

 

既得権益をぶっ壊す!

 

では、また!

 

 

 

スポンサーリンク