【N国党に学ぶ】①放送法4条をさらっと学ぶ②我々は常識に洗脳されている

NHKから国民を守る党

①放送法第4条をさらっと学ぶ

立花さんは、「放送法4条をあまりに知らなさすぎる」と言っています。

 

僕も常々言っていることですが、まず知ることが大事なので、放送法4条をさらっと、簡単に学びましょう。

 

あまり真面目に読まなくても、さらっとで大丈夫ですよ。

 

(国内放送等の放送番組の編集等)
第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

2  放送事業者は、テレビジョン放送による国内放送等の放送番組の編集に当たつては、静止し、又は移動する事物の瞬間的影像を視覚障害者に対して説明するための音声その他の音響を聴くことができる放送番組及び音声その他の音響を聴覚障害者に対して説明するための文字又は図形を見ることができる放送番組をできる限り多く設けるようにしなければならない。

一般財団法人情報通信振興会HPより引用

 

立花さんは、第4条の2号と4号を指摘しています。

 

NHKのスクランブル放送NHKから国民を守る党の是非に関する意見は対立している。これについてできるだけ多くの角度から論点を明らかにすることが必要だと主張しています。

 

公共の電波を使っているテレビ局が、マツコさんのような偏った意見を一方的に発信しており、反対意見などは一切放送しない。

 

明らかに放送法4条違反だ。だからN国党の意見もテレビで放送してもらうために押しかけているんだ。

 

と、こういう主張です。

 

ややこしくなる前に、今回はこの辺でよしとしましょう。

 

立花さんが何を言っているのかを知ることが、まずは大事ですので。

 

②我々は洗脳されている

 

  • テレビは権力者の代弁者だ
  • テレビによってどれだけ洗脳されているか
  • 洗脳されている人は、洗脳されていることに気づかない。だから僕のやっていることはおかしいと思ってしまう

 

立花さんはそう言っていますが、

この話もおそらく洗脳されている人には響きません。

 

「なに言ってんの?」「あ、そう」「こいつはおかしい」

と思われるのがオチでしょうね。

 

 

立花さんが何を言いたいかというと、

 

国民はテレビでいうことは正しいと洗脳されている

マツコさんがテレビでN国党は気持ちが悪いといえば、見ている人は気持ち悪いと思ってしまう。(テレビの影響力と有名芸能人の影響力によって洗脳されてしまう)

次の選挙で勝てない。議席が取れない。

スクランブル放送の実現に対しての妨害になる。

 

そこまでの全体像が見えているから、こういう言動になるんですね。

 

  • 選挙に勝てなければスクランブル実現はできない。
  • スクランブル実現だけやっておけばいいという人はわかっていない。
  • 段階があるでしょ?

 

スクランブル放送実現へ向けての全体像が見えているのが立花さん。

正しく知ることで、全体像が見えてきます。

世間で言われていることがいかにあてにならないかに気づきます。

それが常識という洗脳から抜け出すための方法です。

 

N国党を知ることは、

マトリックスから抜け出し、自由に生きるための良い教材なんです。

 

こんな素晴らしいことが、ちょうどリアルタイムで起きていることが、この上ない貴重な学びに繋がるのです。本で読むのとは違い、時代背景や世論、政治の流れなども肌で感じることができるのですから。

 

洗脳から抜け出す絶好の機会なんです。

 

だから僕はN国党関連の出来事を洞察し、発信し続けます。

 

常識という強力な洗脳から抜け出し、

自由に、豊かに、強く、自分の人生を生きていきましょう。

 

 

では、また!

 

 

スポンサーリンク