【Official髭男dism】Pretenderにブログライティングを学ぶ

Official髭男dism,pretender,ブログ,ライティング,学び ブログ

つい最近までOfficial髭男dismを知りませんでした。

「オフィシャルヒゲダンディズム」と読むんですね。

ウタエルさんの替え歌を聴いて初めて知りました(笑)

替え歌も大好きなんですが、本物を聴いて感動しました。

グッときました。

今回は、感情を揺さぶるこのPretenderという曲を紐解いてみましょう。

【Official髭男dism】Pretenderにブログライティングを学ぶ

Pretender
Official髭男dism

君とのラブストーリー
それは予想通り
いざ始まればひとり芝居だ
ずっとそばにいたって
結局ただの観客だ

感情のないアイムソーリー
それはいつも通り
慣れてしまえば悪くはないけど
君とのロマンスは人生柄
続きはしないことを知った

もっと違う設定で
もっと違う関係で
出会える世界線
選べたらよかった

もっと違う性格で
もっと違う価値観で
愛を伝えられたらいいな
そう願っても無駄だから

グッバイ
君の運命の人は僕じゃない
辛いけど否めない
でも離れ難いのさ
その髪に触れただけで
痛いや いやでも 甘いな いやいや

グッバイ
それじゃ僕にとって君は何?
答えはわからない
わかりたくもないのさ
たったひとつ確かなことがあるとするのならば
「君は綺麗だ」

誰かが偉そうに語る恋愛の論理
何ひとつとしてピンとこなくて
飛行機の窓から見下ろした
知らない街の夜景みたいだ

もっと違う設定で
もっと違う関係で
出会える世界線
選べたらよかった

いたって純な心で
叶った恋を抱きしめて
「好きだ」とか無責任に言えたらいいな
そう願っても虚しいのさ

グッバイ
繋いだ手の向こうにエンドライン
引き伸ばすたびに
疼きだす未来には君はいない
その事実に cry そりゃ苦しいよな

グッバイ
君の運命の人は僕じゃない
辛いけど否めない
でも離れ難いのさ
その髪に触れただけで
痛いや いやでも 甘いな いやいや

グッバイ
それじゃ僕にとって君は何?
答えはわからない
わかりたくもないのさ
たったひとつ確かなことがあるとするのならば
「君は綺麗だ」

それもこれもロマンスの定めなら
悪くないよな
永遠も約束もないけど
「とても綺麗だ」

この曲、切ないですね。

男目線で書き綴ったストーリーになっていますが、
男なら誰もが自分と重ね合わせることができるのではないでしょうか?

僕もこの歌詞とストーリーが過去の経験にドンピシャでした。

人の感情を激しく動かすこの歌詞は、
ブロガーとしてライティングに活かせるのではないかと思いました。

もちろん詩だけではなく、メロディーが完璧にマッチしているので、感情の起伏も伝わって素晴らしいマリアージュを味わうことができますね。

君とのロマンスは人生柄
続きはしないことを知った

まずこの詞に心が動かされました。

恋が成就しないという現実を知ってしまった瞬間の「がっかり感」をはっきりとイメージすることができます。これは感情移入しちゃいます。

特に、吐き捨てるような感じで「知った」↓と歌うので
絶望感が伝わってきます。

やはり文字だけでなく、+αがあるとものすごく伝わるなと思いました。

ブログでしたら写真や動画を有効に使うべき。これでいいやと妥協せずにこだわっていこうと思います。

もっと違う設定で
もっと違う関係で

もっと違う性格で
もっと違う価値観で

そしてここですよね。

「もっと」を繰り返し同じリズムで歌うことで強烈に印象に残ります。僕はブログライティングにおいてもこれは好きで、よく使います。

文章を書いていてもリズムが出るし繰り返すことで強調できるし思いが伝わりやすくなるので実践しています。

ただこの部分もやはり素晴らしいメロディーによって引き立っていますよね。ブログにおいては見せ方で工夫するか。箇条書きにするとわかりやすいのがわかりますね。

グッバイ

この曲の核となる強力なワードです。これをブログでどう再現するか?ブログにおいては、特にタイトルに気を使いますが、よく考えると本文中にも必要だと思う。

今度、Pretenderの構成をモデルにしてブログを書いてみよう。たぶん実践してみるといろいろと学べそうだ。

君の運命の人は僕じゃない
辛いけど否めない

さあ、きましたね。
ここが一番好きかもしれない。

「君は僕の運命の人だ」というセリフは映画や漫画などでよく遭遇しますが、このベタベタなセリフをひっくり返すだけで、こんなにもフックできてしまうんですね。

「冒頭に一般論を持ってきて否定する」というライティングの手法がありますが、その好例でしょう(かなりハイレベルな)。

決め台詞や名言のようなものをメモっておいて、ひっくり返して使うという手法は良さそうなきがするのでこれも実践してみます。

そしてこれ。

「否めない」

脳裏に焼き付いてずっと頭に残っています。

「否めない」は良い。すごく良い。

普段あまり使わない言葉をチョイスしていく。なかなか語彙力がないとできませんが、個性を出すこともできるし、やるべきですね。

次が最後です。

「君は綺麗だ」

落胆し、悩み、葛藤し、たくさん考えた挙句に、シンプルに「君は綺麗だ」で豪快に感情を大放出して締める。よくできてるなぁ。

僕のブログはすこし複雑な文章というか、思考を深めていくスタイルなので、その中にズバッとシンプルさを打ち出していくことも良さそう。

【Official髭男dism】Pretenderから学んだことまとめ

学び

✅文字だけでなく、+αに全力を注ぐ。

同じ言葉を繰り返し、リズムとインパクトを出す。その際、箇条書きを用いる。

✅タイトルだけに気を遣うのではなく、同じように本文中のワードにも気を遣う。

Pretenderの構成をモデルにしてブログを書いてみる。

✅決め台詞や名言をひっくり返す。

✅「否めない」のような普段使わない言葉を意図的に使う。

✅思考した挙句に、シンプルな結論を打ち出す。

 

どうでしょう?

けっこう学ぶことがありましたよね。僕が何をお伝えしたいかというと、学ぼうとする意識さえあれば、何からでも学ぶことができる。ということです。

 

今回は以上です。

では、また!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

多様な専門領域の基礎を網羅的に学び、統括的な洞察力を身につけることがライフワークです。まずは知ることから全てが始まる。この世界の実相を掴むことで、判断し、選択する力を身につけ、自由に、豊かに、自分の人生を生きる。心理学、政治、ニュース、環境、エネルギー、食、健康など専門領域を超え、多岐にわたって学び続けています。心理学を7年学び、自分作りを継続中。北海道在住。